株式会社 Ms

Ms (エムズ)/大阪府大阪市/リフォーム、木造耐震、住宅設計、不動産をトータルプロデュース。



施工エリア

施工エリア

 

施工エリアは、近畿圏の広範囲をカバーしております。
大阪府全域
兵庫県(尼崎市・西宮市・芦屋市・神戸市)
京都府(京都市・京田辺市)
奈良県(生駒市・奈良市)
和歌山県(和歌山市)
など、ここに掲載していないエリアでもご相談させていただきます。

 

HOME»  ブログ記事一覧»  不動産ニュース

不動産ニュース

  • 件 (全件)
  • 1

命を守るカードゲーム

此花区 不動産 株式会社Ms(エムズ)不動産担当の塚本と申します。
国土交通省は、防災教育の一環として、津波や大雨など水害対策を遊びながら学べるカードゲーム「このつぎなにがおきるかな?」を作成しました。同省のホームページからダウンロードし、名刺用紙やはがきに印刷して使用することができます。もちろん、費用はかかりません。遊び方は、例として「なにがおきるか ならべてみよう!(防災7ならべ)」「 とるとるカード! (防災かるた)」「だいじょうぶでは ありません! (防災ババぬき)」の三種類が紹介されています。

◆防災カードゲーム「このつぎなにがおきるかな?」ダウンロードページ

http://www.mlit.go.jp/saigai/saigai01_tk_000005.html

名刺サイズ、ハガキサイズ、A4サイズ

◆国土交通省「防災教育ポータル」

http://www.mlit.go.jp/river/bousai/education/index.html

自然災害は生命、財産に甚大な被害をもたらす可能性があります。既に家を所有されている方も、これから家探しをされる方も、万が一の時の避難場所の確認や、ご家族内で避難時する際のルールを決めるなど、準備をしおくようにしましょう。災害発生時に、親子が一緒にいるとも限りません。いざというとき、お子様が自分だけでも避難することができるよう、力を身につけてもらいたいですね。

此花区 不動産 株式会社Ms(エムズ)の塚本でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

http://self-in.com/osaka-konohana01/(ご利用は無料です)


「物件提案ロボ」 全ての物件情報が「AI評価」付きで、
24時間以内」に届く画期的サービス
http://self-in.com/osaka-konohana01/robo(ご利用は無料です)

**************************************************

大阪市 此花区の不動産・リフォームはエムズにお任せ下さい

不動産担当:塚本 和久

2018-03-25 09:24:05

コメント(0)

折りたたむ

グーグルホームやアマゾンエコーが発売され、AI時代に本格参入?!

少し前にGoogle Home(グーグルホーム)というAI(人工知能)スピーカーが日本で発売され、続いてAmazon Echo(アマゾンエコー)が発売されました。私はAmazon Echo(アマゾンエコー)の招待が届かずに、困っている人の一人です。

ちなみにGoogle Home(グーグルホーム)やAmazon Echo(アマゾンエコー)は、家庭用の音声アシスタントデバイスです。

Google Home(グーグルホーム)は、Googleが開発する対話型AI(人工知能)「Googleアシスタント」というシステムを搭載しています。Googleアシスタントは、Googleの機械学習やAI(人工知能)、自然言語解析などの技術が盛り込まれた音声アシスタントサービスです。

Googleアシスタントは、ユーザーと会話を繰り返すことで機械学習とAI(人工知能)によりそのユーザーの行動パターンなどの理解を深め、徐々にユーザーが求める最適な行動をとるようになります。消費者の行動パターンを考え、的確に動いてくれるようになる事にビックリです。

Google Home(グーグルホーム)はGoogleアシスタントの活用により、家庭における様々なタスクの管理だけでなく、スピーカーとして音楽を再生したり家庭にある家電製品と連携して声だけで操作できるようになるようです。また、Google Home(グーグルホーム)に知りたいことを尋ねれば、文脈に沿った回答をGoogle検索結果に返すことも可能だそうです。Amazon Echo(アマゾンエコー)も基本的には同じような仕組みです。

もともとAI(人工知能)とは artificial intelligenceの略で、人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようという試み、あるいはそのための一連の基礎技術を指すようです。

AI(人工知能)という言葉は1956年にダートマス会議でジョン・マッカーシー氏により命名され、現在では、記号処理を用いた知能の記述を主体とする情報処理や研究でのアプローチという意味あいでも使われています。2016年から2017年にかけて、ディープラーニングを導入し、囲碁や将棋のトップ棋士を破り、時代の最先端技術となっています。不動産分野でもAI(人工知能)を活用したサービスが広がっており、当社でもSelFin(セルフィン)というWEBアプリをリリースしております。

本アプリを利用すると消費者自ら不動産関連の各種リスクを判定できるようになります。

不動産の価値やリスク等は、スペックでおよそ判断がつきますので、もしよろしければ、

本WEBアプリをお試しいただければと思います(無料)。

https://self-in.com/

Google Home(グーグルホーム)やAmazon Echo(アマゾンエコー)の発売を機に便利な世の中になるものと考えますので、時代の流れに逆らわずに、このようなツールを使えるようにしていきたいと思います。

住宅購入をご検討いただいている方は、お気軽にリニュアル仲介までご問い合わせ下さい。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)

**************************************************

大阪市 此花区 不動産・リフォームはエムズにお任せ下さい。

不動産担当:塚本 和久



 

2018-01-22 09:36:13

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1