株式会社 Ms

Ms (エムズ)/大阪府大阪市/リフォーム、木造耐震、住宅設計、不動産をトータルプロデュース。

アメブロ始めました
不動産お役立ちブログ



    おススメ物件見れます!!

施工エリア

施工エリア

 

施工エリアは、近畿圏の広範囲をカバーしております。
大阪府全域
兵庫県(尼崎市・西宮市・芦屋市・神戸市)
京都府(京都市・京田辺市)
奈良県(生駒市・奈良市)
和歌山県(和歌山市)
など、ここに掲載していないエリアでもご相談させていただきます。

 

HOME»  ブログ記事一覧»  不動産購入編»  不動産の贈与と注意点

不動産の贈与と注意点

不動産の贈与と注意点

此花区 不動産 株式会社Ms(エムズ)の不動産担当の塚本と申します。
たまにですが、「マンションを妻名義にしたい」「親の土地を自分名義にしておきたい」といった不動産の名義変更についてご相談をいただくことがあります。

節税対策も含め色々なご事情があるかと思いますが、その手続き、細心の注意が必要です。

まず、単純に不動産の名義を変えると言っても、名義の変更には「原因(=理由)」が必要です。

不動産の名義を変更するには、「売買」「贈与」などの法律行為がなければいけません。

代金を支払うのであれば「売買」でOKですが、大抵の方は支払などしませんので、「贈与」に該当してしまいます。

「贈与」に該当すると発生するのが「贈与税」です。

さらに不動産をもらった方には「不動産取得税」も発生します。

名義変更するには登記も必要ですので「登録免許税」もかかります。

多くの方は、これらの税金がかかることをお話しすると、手続きを中断されるご判断をされます。

贈与税に関しては、1年あたり110万円以内の贈与税額である場合や、条件を満たした夫婦間での贈与の場合、相続税精算課税制度を用いる場合など、いくつか減税となるケースがあります。

それでも不動産取得税や登録免許税はかかりますので、ある程度コストがかかってしまうことは避けられません。

何のために名義を変更するのか、それによりどんなメリットとデメリットが発生するのか。

検討事項は多岐にわたります。

不動産についてのお悩みは、リニュアル仲介のエージェントへお気軽にご相談ください。
此花区 不動産 株式会社Ms(エムズ)の塚本でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

http://self-in.com/osaka-konohana01/(ご利用は無料です)


「物件提案ロボ」 全ての物件情報が「AI評価」付きで、
24時間以内」に届く画期的サービス
http://self-in.com/osaka-konohana01/robo(ご利用は無料です)

**************************************************

大阪市 此花区の不動産・リフォームはエムズにお任せ下さい

不動産担当:塚本 和久

2018-03-22 09:34:09

不動産購入編   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント